熱帯アジア地域の諸現象・諸課題への強い関心、自然科学又は社会科学の基礎的な素養と分野統合型の協働精神を持ち、地球規模課題に対して環境科学的アプローチによる解決を通じて持続可能な社会を創出する強い意志を持つ学生を求める。

 

  •     専攻パンフレットはこちら(PDF/17.42MB)をご覧ください。

 


募集要項について


こちらでは、博士前期課程・国際連携持続環境科学専攻の入学試験の概要をお知らせします。

詳細は、下記の募集要項、または筑波大学公式サイト「大学院入学案内」をご参照ください。

 

出願にあたり、志願者は希望する研究分野の教員と事前に必ず連絡をとってください

 

<受験に関するお問い合わせ先>

国際連携持続環境科学専攻事務室

TEL:029-853-7488

 

<受験に関する詳細はこちらも御覧ください>

http://www.tsukuba.ac.jp/admission/graduate/information.html#life

 


 

2019年度2月期一般入試(2020年4月入学者対象) 

 募集人員   3名 (筑波大学をホーム大学とする学生数)
 出願要件

 本専攻ではすべての授業及び研究指導を英語により実施するため、一定の英語能力(TOEFL-iBT:61以上、TOEFL-PBT:500以上、TOEIC:695以上、IELTS:5.0以上)を有すること。

 募集要項  募集要項は、こちらをご確認ください。指導教員は、こちら をご確認ください。
 重要な日程

 出願期間: 2019年12月2日(月)から2019年12月20日(金)

 選抜試験: 2020年1月29日(水)

 合格発表: 2020年2月17日(月) 

 出願書類

 所定の様式は、以下よりダウンロードしてください。書類はすべて英語で作成し、A4サイズで片面印刷して提出してください。手書きの必要はありません。

 0. 出願シート (pdfのみ) (pdf)

 1. 入学願書 (MSword) (pdf)

 2. 履歴書 (MSword) (pdf)

 3. 職務調書  (職歴のある者のみ提出) (MSword) (pdf)

 4. 研究計画書 (MSword) (pdf)

 5. 受験票/写真票 (MSword) (pdf)

 6. 宛名シート (MSword) (pdf)

 7. チェックリスト (MSword) (pdf)

    

 マレーシア-日本国際工科院(MJIIT)の教員を主指導教員として希望する者の選抜は、MJIITで別途受付します。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

お知らせ

12月3日 世界で活躍するキャリアセミナー Professional with JMSES 開催のお知らせ

世界で活躍するキャリアセミナー 〜Professional with JMSESを12月3日に開催します!

今、地球規模の環境問題やアジア地域の都市化問題など、世界中で解決すべき問題が山積みです。その問題の解決のために、自分は何ができるのか?海外で役に立つ仕事をしたい!! と心の中で思っている人は沢山いるはずです。

その思いを形にするための一歩として、世界で活躍している筑波大学出身の先輩方のライフヒストリーを聴いて、一緒にキャリアプランを考えてみませんか?

また、国際連携持続環境科学専攻主催の「SDGsインターンシップ in マレーシア」の説明会と、2月期入試説明会も同時開催します!

学類生・大学院生皆さんの参加をお待ちしています。 


開催日時:2019年12月3日 16-18:00

場所:筑波大学 環境防災研究棟203号室

プログラム:

16:00   キャリアセミナー「地球温暖化国際連携 海外駐在とキャリア形成」

    プレゼンテーター 伊藤 洋さん [国立環境研究所 温暖化ガスインベントリーオフィス]

17:00   SDGsインターンシップ in マレーシアとJMSES 2月期入試説明会

Professionalポスター.pdf

 

 

! SDGsインターンシップ in マレーシア 参加者募集について

国際連携持続環境科学専攻が主催する「SDGsインターンシップ in マレーシア」(実施期間:2020年2月23日~3月1日)の参加者を募集します。応募締め切りは、12月11日(水曜)です。
SDGsインターンシップでは、マレーシアに約1週間滞在し、
マレーシア工科大学の学生らとのグループワーク(SDGsをテーマとします)やマレーシアの環境現場の視察を行います。

このインターンシップに選抜された学生には、10万円(予定)の補助があります。
学類生(大学院生もOK)皆さんの応募をお待ちしています。

このインターンシップの目的は、以下の通りです。

・本専攻の教育研究の実際を体感する
・本専攻への進学を考えるきっかけとする
・学生間交流から他国の学生がどの様な思考をするのかを知る
・SDGsの達成のための課題・解決策を共有する

応募は、応募書類(←クリック)の書類に必要事項を記載の上、
本専攻の事務室(環境防災研究棟1階)もしくはpdfにしてメールにて提出してください。事務室が不在の場合は階段下に設置されているポストに小さく折って入れてください。

※英語スコアに関して、英検、TOEFL-ITP、期限切れスコア可能と追記しました。(2019.12月10日)

メールでの提出の場合、jmses[at]outlook.jp([at]を@に変えてください。)

グループワークでは、グループ毎にSDGs(持続可能な開発目標)の達成のための課題や
解決策について討論します。このため、グループ分けのために、グループワークでのテーマとなる
17つのSDGsの目標から選択し、第一希望から第三希望まで記載してください。

事前説明会を以下の日時で開催します。参加できない場合でも応募可能です。

また質問があれば、ぜひお問い合わせください(左のバナー(お問い合わせ)をクリックすると連絡できます)。

【説明会日時】

11月29日 16時から 環境防災研究棟2階 講義室203

12月3日   16時から 環境防災研究棟2階 講義室203
                    Professional with JMSESと併催    

 

 

 

 

SDGsインターンシップ in マレーシア 募集予告

 

 今年度も学群生を中心に(大学院生も応募可)、SDGsセミナー in マレーシアを実施します。

 実施期間は、2020年2月23日or24日から3月1日(便によります)です。

 選抜された学生には、10万円(予定)の補助をします。
 昨年度は、学生自身での負担額は、2万円から3万円程度でした。

 ・SDGsのキーワードからグループ分けし、MJIIT、UTMの学生とのグループワーク
 ・グループワークの成果発表
 ・大学院生の研究発表
 ・マレーシアの環境現場の視察

 応募に必要な書類を整え次第、応募を開始します。

 説明会も開催予定です。

 

 

 

晴れ JASSOの奨学金を獲得しました。

 

  大学として応募しておりました、JASSOの奨学金に採択されました。

 この奨学金は、MJIIT(2020年6月末頃から2021年3月初旬頃まで)滞在中に返済の必要のないものです。
 この場を借り、感謝申し上げます。
 2020年度4月入学の院生から選抜されます。まだ、枠がありますので、2月入試に是非、受験ください。

 現在、MJIITに滞在し、研究に励んでいる院生から伺ったところ、本奨学金で賄えているとのことです。
 (詳細を掲載予定です)

  授業料は、筑波大のみに支払い、留学中も経済的な不安なく、受講や研究活動に励むことができます。

 

 

JMSESセミナー 〜環境政策・教育を俯瞰するための海外からの日本視点〜

 

 世界、マレーシア、日本の環境や環境政策、環境意識、文化についてのセミナーを下記の日程で実施します。
 講演者は、Zaini Ujang先生です。

 Zaini先生は、世界的に有名な環境工学の研究者であり、多くの研究成果を一流国際学術誌を通じて発表されています。
 また、マレーシア高等教育省(現 教育省高等教育局)やエネルギー・グリーン技術・水省の事務次官を務めました。
 本セミナーはこれらの経験等をもとにされております。

 

 セミナータイトル
  JAPANESE ECOSOPHY -10 Lessons on Environmental Sustainability-

 日時 10月4日(金)16時から17時30分

 場所 筑波大学環境防災研究棟 2階  講義室203

 

 本セミナーは、Zaini先生の長年の日本や国外の環境政策、教育、文化についてもご研究された成果をまとめた
「Japanese Ecosophy-a traveller's notes-」からの内容もあります。

 

 

 

 事前登録、不要です。お気軽にご参加ください。

 


 

 

筑波大学とマレーシア日本国際工科院(MJIIT)** による国際修士共同学位の国際連携専攻

(** Malaysia-Japan International Institute of Technology)

 

 目的  複雑化する地球規模課題(特に熱帯アジア)の解決に持続性科学・環境科学から貢献する高度実務専門家を、2大学の強みを生かした共同指導体制により育成する
 標準年限  2年(第1学期@筑波→夏学期と第2学期@MJIIT(クアラルンプール)→第3学期と第4学期@筑波)
 修了要件  2大学から合計42単位以上取得 + 修士論文(全て英語)
 授与学位  修士(持続環境科学)
(Master of Sustainability and Environmental Sciences)

 

 

◆2国間共同指導のもとでユニークな研究に取り組むことができます


◆国際的な実務能力、研究能力を養うことができます
 (英語コミュニケーション能力、異文化交渉力、人的ネットワーク、リーダーシップ)

◆2大学連名による特別な共同学位が授与されます

◆原則として旅費・滞在費は自弁ですが、奨学金への応募が可能です(MJIIT授業料は徴収されません)

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存