お知らせ

合同セミナーまとめ報告書(学生からの報告あります)

 

 本学とマレーシア日本国際工科院(MJIIT)と共同で開講している「合同セミナー」を核として実施した、「環境科学・工学分野の教育・研究を促進させる国際研究セミナー」および「
マレーシア工科大学との学生交流プロジェクト」に参加した学生らの報告書もまとめた総合
報告書を掲載します。
 マレーシア工科大学のみならず、学内の種々の部局にお世話になりました。
参加学生らも今回の経験によって、見聞を広げることができました。参加できなかった友人ら
にも、ぜひ、今回の経験を伝えていただければと考えています。
 報告書は、こちらから閲覧していただくことができます。
進学を考えている方や今年度のセミナーに参加を考えている方は、ぜひご覧ください。 

 

合同セミナー報告③

2月19日には、クアラルンプール市内の下水処理施設を訪問しました。

施設を運営しているIndah WaterのChief Operating OfficerであるProfessor Ir Mohamed Haniffa Abdul Hamidより、マレーシアにおける水処理の歴史をはじめとして施設が建設されるまでの歴史や、施設の構造や下水処理の仕組みについて説明を受け、実際に見学をさせていただきました。

学生達は、日本との設備の違いや、エコパークなど周辺環境が整備されていることが印象に残ったようです。とくに将来、水分野での活動を考えている学生にとって、新しい発見を得る良い機会となりました。

 

合同セミナー報告②

グループワークでは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)から選択したテーマについて、あらかじめ両大学の学生で構成された8名程度のグループで討論しました。

グループは、SDGs2 ”Zero Hunger"、SDGs4"Quality Education"、SDGs6"Clean Water and Sanitation"、SDGs7"Affordable and Clean Energy"、SDGs14"Life on Below Water"の5つとなりました。

まずは、各グループのテーマについて、日本・マレーシア・先進国・途上国において何が問題となっているのか、現状把握を行います。次に、課題に対する解決策を話し合い、成果をとりまとめて発表を行いました。

グループワークを通して学生は、各国で抱えている問題が異なることを認識し、限られた時間の中で、各テーマにおける問題の解決策を出し合うことで、国際的・科学的なコミュニケーションスキルを養うことができました。

 

合同セミナー報告①

2月19日から23日まで、MJIITでの合同セミナーを核としたプログラムを開催しました。

合同セミナーでは、本学からの参加学生20名がMJIITの学生と合流し、マレーシア工科大学クアラルンプールキャンパスの施設を見学しながら、親睦を深め、グループでの話し合いを進めました。最終日には5グループの全員が発表の場に立ち、他グループの学生や、MJIITおよび本学の教員との活発な議論を交わしました。

両大学の大学院生が自分の研究について発表する時間もありました。お互いに質問やコメントを出し合い、研究をさらにブラッシュアップする良い機会となりました。また、学部生にとっては興味のあるテーマについての研究を将来の参考にすることができました。