環境問題が生ずるメカニズムを理解し、その解決策を提示することを志向し、自然科学、人文社会科学の基礎知識に加え、コミュニケーション力、実践力を涵養するカリキュラムを構築する。

 

 

JDP2年間の学修イメージ

 


 

 

履修方法・修了要件

 

 

 

科目区分 科目群 条件または科目名等 修得単位数
専門科目 必修科目
環境科学概論(1.0単位)
環境科学演習(1.0単位)
環境科学実習(1.0単位)
合同セミナー(1.0単位)
持続性マネジメント政策(3.0単位)
 29.0
修論研究科目 選択必修科目
筑波大学・MJIIT必修
環境科学セミナー1(2.0単位)       
環境科学セミナー2(2.0単位)   
Master Project 1(6.0単位)
筑波大学必修
環境科学特別研究2S(3.0単位)       
環境科学特別研究2F(3.0単位)
MJIIT必修
Master Project 2(6.0単位)              
教養科目 選択必修科目
筑波大学必修
研究マネージメント技術(1.0単位)     
科学英語執筆(1.0単位)
生命科学工学討論(2.0単位)
応用環境倫理学(2.0単位)
MJIIT必修
研究方法論(3.0単位)          
大学院共通科目(3.0単位)
専門選択科目 選択科目
-筑波大学開講科目-
環境政策シミュレーション(2.0単位)
水環境論(2.0単位)
廃棄物管理序論(2.0単位)
固体廃棄物管理システム設計論(2.0単位)
生物資源再利用循環論(2.0単位)
熱帯気候・地球規模モンスーン論(1.0単位)
陸域生態論(1.0単位)
環境政策概論(1.0単位)
 17.0
-MJIIT開講科目-
環境影響評価論(3.0単位)
ライフサイクルアセスメント(3.0単位)
再生可能エネルギー論(3.0単位)
持続的食料システム論(3.0単位)
グリーンエコノミー論(3.0単位)
低炭素都市論(3.0単位)
スマートコミュニティ論(3.0単位)
応用持続可能システム論(3.0単位)
    修了単位数  46.0
必修科目及び選択必修科目(専門・修論研究・教養)を29単位、専門選択科目を17単位以上、合計46単位以上修得し、修士論文審査に合格すること。
なお、専門選択科目は、筑波大学開講科目から8単位以上、マレーシア日本国際工科院開講科目から9単位以上を修得しなければならない。

 

 

 

履修プロセス例